伊予市 債務整理 弁護士 司法書士

伊予市で債務整理・借金など、お金の相談するならどこがいいの?

債務整理の問題

多重債務の悩み、借金の問題。
お金・借金の悩みは、自分だけではどうにもならない、深い問題です。
ですが、司法書士や弁護士などに相談しようにも、少し不安な気持ちになってしまうもの。
当サイトでは伊予市で債務・借金のことを相談する場合に、おすすめの相談事務所を厳選して紹介しています。
ネットを使って相談することが出来るので、初めての相談でも安心です。
また、伊予市の法務事務所・法律事務所もいくつか紹介しているので、そちらも参考にどうぞ。

伊予市の方が債務整理・借金の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

伊予市の多重債務や借金返済の悩み相談なら、コチラがおススメです。
弁護士が対応してくれて、全国対応の法律事務所。
初期費用が無料だから、今の手持ちがなくても安心です。
費用の支払いは、分割払いの対応も可能。
相談料金はもちろん0円!
借金の督促をストップすることも可能です。
自己破産、任意整理、過払い金、個人再生、など、債務や借金について無料で相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付できるので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、過払い・債務の問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分にピッタリのやり方で多重債務・借金の問題を解決します。
それと、過払い金の請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から料金を支払えます。
任意整理についても、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいため、安く解決が可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方も安心です。
まずは無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

伊予市に住んでいる方が借金・債務整理の相談をするならまず、このサービスもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネットでできる診断ツールです。
とても簡単な質問に答えるだけで、どうすれば借金が減るかという方法や、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にピッタリです。
しかも、無料で、匿名で利用できます☆
全国に対応しているサービスなので、伊予市在住の方も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で使える!
  • 全国に対応!
借金解決の第一歩として、無料診断ツールを試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の相談と診断を。



弁護士へ相談前の注意



伊予市近くの他の法務事務所・法律事務所紹介

他にも伊予市にはいくつかの法律事務所・法務事務所があります。参考にしてください。


●亀岡奈美司法書士行政書士事務所
愛媛県伊予市米湊722-2
089-983-2017

●西山和敬司法書士事務所
愛媛県伊予市米湊333-3
089-982-7167

●上田司法書士事務所
愛媛県伊予市米湊333-3
089-982-4211
http://ueda-shiho-shoshi.jp

●竹本厚良司法書士事務所
愛媛県伊予市下吾川1438-6
089-982-1651

地元伊予市の法務事務所や法律事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、不安なく相談できるのではないでしょうか。

伊予市で多重債務に弱っている人

借金が増えすぎて返済するのが難しい、このような状況では不安でしょうがないでしょう。
多数の金融会社から借りて多重債務になってしまった。
毎月の返済金だと、金利を支払うだけで精一杯。
これだと借金を完済するのは困難でしょう。
自分ひとりでは完済しようがない借金を抱えてしまったなら、まず法律事務所・法務事務所に相談してみましょう。
弁護士・司法書士に、現在の借金の状態を相談し、打開案を探してもらいましょう。
近頃では、相談は無料で受け付ける法務事務所・法律事務所も増えてきたので、一歩を踏み出して相談するのはいかがでしょう?

伊予市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|債務整理

債務整理にもさまざまな手法があって、任意で金融業者と協議をする任意整理と、裁判所を通した法的整理である個人再生や自己破産と、ジャンルが在ります。
ではこれらの手続きについてどういう債務整理のデメリットがあるでしょうか。
これら3つの手段に共通している債務整理のデメリットというのは、信用情報にそれらの手続をした旨が記載されてしまうという点ですね。いわゆるブラック・リストと呼ばれる状態になるのです。
とすると、およそ5年〜7年の間、クレジットカードが創れなくなったりまた借金が出来ない状態になったりします。しかしながら、あなたは支払額に日々苦しんだ末この手続を実際にするわけですので、もう少しの間は借入れしない方がよいのではないでしょうか。じゃクレジットカード依存にはまっている人は、むしろ借り入れが出来なくなる事で出来なくなる事により救済されるのではないかと思われます。
次に個人再生又は自己破産の債務整理の不利な点ですが、官報にこれらの手続きをやった事実が載ってしまうという点が挙げられます。とはいえ、貴方は官報など視た事が有るでしょうか。むしろ、「官報とはなに」という人のほうがほとんどではないでしょうか。
実際、官報は国が作るする新聞に似た物ですけれど、信販会社などのごくわずかな方しか目にしてません。ですので、「破産の実情が近所の方に広まった」等といった事はまず絶対にないでしょう。
最後に、破産独特の債務整理の欠点ですが、1度破産すると7年間は再び破産はできません。これは十二分に注意して、2度と破産しなくてもよいようにしましょう。

伊予市|自己破産にあるリスクってどんなもの?/債務整理

率直に言って世間で言われるほど自己破産のリスクはそんなに多くないです。マイホーム、土地、高価な車等高価値の物件は処分されるが、生活する上で必ずいるものは処分されないのです。
又二〇万円以下の預金も持っていてもいいです。それと当面の間数カ月分の生活に必要な費用100万円未満ならば持っていかれることは無いのです。
官報に破産者の名簿として載りますがこれもごく一定の方しか見ないでしょう。
又世に言うブラックリストに載って七年間ぐらいの間はローン、キャッシングが使用できない情況となりますが、これは仕様が無いことでしょう。
あと決められた職につけない事があるのです。しかしこれも特定の限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返済することが不可能な借金を抱え込んでるのならば自己破産をするのもひとつの進め方なのです。自己破産を進めた場合今までの借金が全く無くなり、心機一転人生をスタート出来るということで利点の方がより大きいと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限として司法書士・公認会計士・弁護士・税理士等の資格はなくなります。私法上の資格制限とし保証人、後見人、遺言執行者にもなれないです。また会社の取締役等にもなれません。ですがこれらのリスクはさほど関係無い時が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きなものじゃないはずです。

関連するページの紹介です